太陽光発電事業

 

産業用太陽光発電導入

 

 

 

産業用太陽光発電導入のメリット

 

太陽光発電を導入することによって、経済的メリットだけでなく社会的信用力の向上にも活用されてみてはいかがでしょうか?

 

 

メリット1 CSRとしての評価が高まります

原発停止が国民の大きな関心事になっている中、全電力の6割以上を消費する産業界の中で電気の自給率を高めること、地球温暖化防止に向けたCo2排出量削減は、企業市民としての責任を果たす取り組みとして社会から高く評価されます。

メリット2  一定の経済効果が期待できます

従来は「電気で収益を得る」ということが認められていませんでしたが、様々な社会の流れから『再生可能エネルギー特別措置法』が成立し、再生可能エネルギーで発電した電気の全量を高単価で買い取る仕組みが出来上がりました。
これを受けて、少ないリスクで長期的かつ安定的に収益をあげることが可能になり、収益事業として注目を浴びています。

メリット3  災害時などの非常電源が確保できます

電力の安定供給体制が揺らいでいる中、災害・計画停電などによって停電が起こった場合でも、太陽光が発電している中で電力を使用し、事業活動を全停止することが防げます。
また、蓄電池との併用で昼夜を問わず電力を確保することもできます。

メリット4  環境保護意識が高まります

社員をはじめさまざまなステイクホルダーとともに環境保全活動に取り組むことは、一人ひとりの中に「環境保護意識」を芽生えさせ育てる環境教育としての側面があります。

メリット5  法制度や税制面での優遇があります

環境保全に関わる法制度や税制面・助成制度などの優遇措置があり、売電による収益化を早める施策が数多く整備されています。

メリット6  メガソーラーなどの発電事業者として売電事業ができる

以前は、産業用太陽光発電を設置する経済メリットがありませんでしたが、全量固定買取り制度やグリーン投資減税などの税制メリットにより、会社の収益事業の1つとして、太陽光発電売電事業を検討される法人様が急激に増えています。
特にメガソーラーのように設置容量が大きくなれば、投資回収期間が短くなり、投資回収後は売電収入が見込めますので、土地の活用含め、ニーズが高まっております。
最近では、利用していない農地を転用して大規模太陽光発電を設置する農家の方も増えており、土地の有効活用という点から法人だけではなく、個人の発電事業者も増えてくるでしょう。